最終更新日:2017年8月1日

旭硝子

※ヘッダをクリックして並替えできます。

※2004年から1-12月期決算。

※2012年から国際会計基準。

※2017年は予測値。

※売上の単位は億円。

決算期売上高増減率
2017/1214,500+13.1%
2016/1212,825-3.3%
2015/1213,262-1.6%
2014/1213,483+2.1%
2013/1213,200+10.9%
2011/1212,146-5.8%
2010/1212,889+12.3%
2009/1211,481-20.5%
2008/1214,443-14.1%
2007/1216,812+3.7%
2006/1216,205+6.2%
2005/1215,266+3.4%
2004/1214,757+14.0%
2003/0312,950+2.5%
2002/0312,631-3.8%
2001/0313,128-

※ヘッダをクリックして並替えできます。

※2004年から1-12月期決算。

※2012年から国際会計基準。

※2017年は予測値。

※利益の単位は億円。

決算期営業利益純利益
2017/121,150640
2016/12962474
2015/12711429
2014/12621159
2013/12798161
2012/121,017484
2011/121,667952
2010/122,2681,231
2009/12872199
2008/121,097391
2007/121,878696
2006/121,344449
2005/121,188600
2004/121,356782
2003/03567-39
2002/03444-126
2001/03980247

※ヘッダをクリックして並替えできます。

※年収、年齢、勤続年は決算期末時点の平均値。

※従業員数は子会社を含まない。

※平均年収はボーナスと残業代を含んだ金額。

時期
(年)
年収
(万円)
年齢
(歳)
勤続
(年)
従業員
(名)
2016/1280842.518.56,024
2015/1279341.917.95,973
2014/1280741.317.36,132
2013/1280240.716.76,269
2012/1279940.316.56,374
2011/1281540.316.56,367
2010/1278740.416.86,275
2009/1275340.416.96,330
2008/1280840.917.76,110
2007/1280341.818.35,840
2006/1279242.518.65,856
2005/1279142.120.45,840
2004/1275542.720.35,886
2003/0372442.320.16,334
2002/0372842.320.06,989
2001/0372541.819.77,275

※旭硝子の有価証券報告書のデータを基に作成

旭硝子の売上内訳

セグメント情報

旭硝子の事業セグメントは、「ガラス」「電子」「化学品」「セラミックス・その他」の4つ。

エリア別(「日本」「アジア」「その他」)の売上高も公開している。

旭硝子の「ガラス」事業はフロート板ガラスとそれを加工した建築用加工ガラス、装飾ガラス、ソーラー用ガラスや、自動車用ガラスが主要製品。

「電子」事業はTFT液晶用ガラス基板は合成石英ガラスと高純度炭化ケイ素などの半導体プロセス部材、スマートフォンやデジタルカメラ用の色調補正用フィルターなどを扱っている。

「化学品」事業では苛性ソーダや重曹など汎用性の高い基礎化学品や、フッ素樹脂などを主要製品としている。

※旭硝子の有価証券報告書とホームページ等を参考に作成

旭硝子の法人税等支払状況

法人税等支払額:
   前年比:%
実際の法人税等実行税率:
%

※「実際の法人税等実効税率」は、租税特別措置(税制特例)の影響などで各社異なります。

※資料:旭硝子の有価証券報告書

旭硝子のプロフィール

会社概要

本社
所在地
東京都千代田区丸の内1-5-1
新丸の内ビルディング
資本金 908億円
連結
子会社
204社 連結
従業員
50,963名
HP 旭硝子のIR情報

沿革

1907年 岩崎俊彌が兵庫県尼崎市に旭硝子㈱を設立。
1944年 日本化成工業㈱と合併して、三菱化成工業㈱に社名変更。
1950年 企業再建整備法に基づき、三菱化成工業㈱が3分割、旭硝子㈱が旧名で復活。

※会社概要は2016年12月時点。沿革は旭硝子の有価証券報告書やホームページを参考にして社名の変遷を中心に