最終更新日:2018年2月13日

ヤマハ発動機

※ヘッダをクリックして並替えできます。

※2005年から12月期決算。

※売上の単位は億円。

決算期売上高増減率
2018/1217,000+1.8%
2017/1216,700+11.1%
2016/1215,028-7.9%
2015/1216,153+6.2%
2014/1215,212+7.9%
2013/1214,104+16.8%
2012/1212,076-5.4%
2011/1212,761-1.4%
2010/1212,941+12.2%
2009/1211,536-28.1%
2008/1216,038-8.7%
2007/1217,567+11.0%
2006/1215,820+15.0%
2005/1213,752-
2004/0310,202+0.7%
2003/0310,131+7.0%
2002/039,468+7.1%
2001/038,840-

※ヘッダをクリックして並替えできます。

※2005年から12月期決算。

※各利益の単位は億円。

決算期経常利益純利益
2018/121,5501,030
2017/121,5481,016
2016/121,020631
2015/121,252600
2014/12972684
2013/12600440
2012/1227274
2011/12634269
2010/12661183
2009/12-683-2,161
2008/1258818
2007/121,403712
2006/121,253772
2005/121,031640
2004/03722401
2003/03672255
2002/0332695
2001/0325076

※ヘッダをクリックして並替えできます。

※年収、年齢、勤続年は決算期末時点の平均値。

※従業員数は子会社を含まない。

※平均年収はボーナスと残業代を含んだ金額。

時期
(年)
年収
(万円)
年齢
(歳)
勤続
(年)
従業員
(名)
2016/1274143.019.710,511
2015/1271142.819.410,440
2014/1271442.319.110,377
2013/1269142.018.910,245
2012/1267441.418.410,180
2011/1264340.817.810,159
2010/1260039.916.910,302
2009/1260240.717.610,690
2008/1272541.017.89,396
2007/1272641.018.09,019
2006/1271140.918.28,461
2005/1271540.918.28,136
2004/0367940.518.08,078
2003/0366940.217.78,168
2002/0366640.217.88,198
2001/0366240.117.68,278

※ヤマハ発動機の有価証券報告書のデータを基に作成

ヤマハ発動機の売上内訳

セグメント情報

ヤマハ発動機の事業セグメントは、「二輪車」「マリン」「特機」「産業用機械・ロボット」の4つ。

エリア別(「日本」「米国」「北米(米国除く)」「欧州」「インドネシア」「その他アジア」)の売上高も公開している。

ヤマハ発動機の主力事業は「二輪車」事業。スクーターの「JOG」や「Vino」やオフロード車の「セロー」、大型車の「VMAX」など、幅広い車種を揃えており、インドネシアを中心とするアジア諸国での人気が高い。

「マリン」事業は船外機、「特機」事業は四輪バギーなどが主要製品。

「産業用機械・ロボット」事業では電子部品をプリント基板に実装するサーフェスマウンター(表面実装機)などを扱っている。

※ヤマハ発動機の有価証券報告書とホームページ等を参考に作成

ヤマハ発動機の法人税等支払状況

法人税等支払額:
   前年比:%
実際の法人税等実行税率:
%
参考:自民党への献金額
640万円(2015年)

※「実際の法人税等実効税率」は、租税特別措置(税制特例)の影響などで各社異なります。

※資料:ヤマハ発動機の有価証券報告書と国民政治協会(自民党の政治資金団体)の収支報告書

ヤマハ発動機のプロフィール

会社概要

本社
所在地
静岡県磐田市新貝2500
資本金 857億円
連結
子会社
106社 連結
従業員
53,306名
HP ヤマハ発動機のIR情報
備考 ヤマハ㈱が最大株主で株式12.19%を保有。

沿革

1955年07月 日本楽器製造㈱(現ヤマハ㈱)から独立し、ヤマハ発動機が発足。独立以前から製造していた二輪車を継続して製造販売。

※会社概要は2015年12月時点。沿革はヤマハ発動機の有価証券報告書やホームページを参考にして社名の変遷を中心に