最終更新日:2018年10月15日

鉱工業指数

他を選択
期間: -
時期を選択

他を選択
期間: -
時期を選択

※資料:経済産業省「鉱工業指数」

鉱工業指数の解説

政府指標で最もイケてないネーミング

「鉱工業」と名乗ったばかりに、重要性が軽視されている大変かわいそうな指標です。

この指標は全487品目(在庫は348品目)の生産・出荷・在庫状況を指数化していて、鉄関係の品目だけ対象にしているわけではありません。指数に与える影響は軽微ですが、ふとん、シャープペンシルなど日常的に馴染みにのあるモノもカバーしています。

鉱工業指数で対象となっているモノは、卸売業や小売業を経由することも少なくなく、こうした関連産業を含めるとGDPの約4割を占めると言われています(経済産業省「鉱工業指数のしくみと見方」参照)。

モノを生産するのは売れているから

ここで言う生産・出荷・在庫は、工場をベースにしています。商品がどれだけ売れるかを予測して、企業は工場で生産する量を決めます。商品が売れていれば、あるいは売れると予想すれば、企業は生産量を増やすので、「生産指数」は上昇します。

つまり、生産指数が上昇傾向にあれば景気は良いわけです。工場で生産したものは、基本的にお店などに出荷すると思われるので、「生産指数」と「出荷指数」の動きは、ほぼ連動します。

「在庫」の増減は、それを予想していたかどうかで判断の仕方が変わります。景気が良いとき、企業は在庫切れをしないように予め在庫を積み増します。これは景気にとって決してネガティブな動きではありません。

在庫が減り、生産・出荷が伸びると景気はイイ

一方で、出荷先のお店から「最近売行きが良くないから、先月よりも発注を抑えるよ」と言われたために在庫が増えるケースがあります。これは予期せぬ在庫の増加になるので景気にマイナスです。

いずれにしても在庫が積み上がると必ずどこかで調整がおきます。在庫指数がピークに達したときは景気のピークと重なります。

鉱工業指数を見る際は、生産・出荷・在庫の3つを同じグラフで見ると景気の動向を読み解くことができます。景気が良くなると、「生産指数」「出荷指数」が上昇し、「在庫指数」が低下して、3つの指数は接近していきます。逆に景気が後退すると逆の動きをして、折れ線グラフが口を大きく開けたような形をつくり出します。

統計プロフィール

資料
経済産業省:鉱工業指数
次回公表日
9月分(速報値):20181031
9月分(確報値):20181114
統計の作成方法
全487品目(在庫は348品目)の生産・出荷・在庫状況を2010年=100として指数化する。各品目にウエイト付けをしており、金額が大きいほどウエイトも大きくなっている。各品目の指数を統合する際にこのウエイトを考慮している。
公表時期
毎月末に前月の指数を速報値として公表。翌月中旬に確報値を公表する。